陸の孤島でワールドカップその1

つい3日前のことなのに、もう随分昔のように感じますねぇ。。。
「陸の孤島」とは、私の事をよく知ってくれてる方は「あ〜御前崎のことかな」とピンと来るかと思います。
毎月、静岡の御前崎で『Dojo&Roots』という研修に行っております。
「まだ研修とか必要なの?」と患者さんに聞かれたりするんですけど、
「安心してください。一生続きます。」
・・・安心してくださいの使い方間違ってますかね?(笑)
だってね、人間の体って太古の昔から構造はそんなに変わってないんだけど、生活様式は目まぐるしく変わっていってるし、それに乗じて、症状も変わってきます。
そもそも、人間の体自体、医学界でも全て明らかになってるわけでもなく、、そんな複雑な生命体を私がたった数年勉強しただけで全部解る訳ないでしょ。
一生掛かっても厳しいでしょうね。
それでも何とか解りたくて、何とか不調者さんの手助けが出来るようになりたくて、全ての治療家は切磋琢磨してる訳です。
前置き長くなりました。。。
で!そんな中、先日の午前中の講義Dojoは「からだ工房HOPEの星野先生」
自他共に認める、ハートの熱い強面先生です。( ´艸`)
言うべきことはハッキリズバッと切れ味良く伝えてくれます。
この日も冒頭から「大人の顔した子供は嫌い」と。
誤解のないように。世間の子供さんを嫌いなのではないのです。
これについては、なんとなく、意味はわかりますよね。
自分の中の甘さを少しでも認識してる人なら、わかるはずです。
その後も、講義の中で沢山の投石を投げかけていただきました。
それを売りに出来るほどのコワモテ星野先生ですが、常に「相手軸」の人。
どんな時でも「相手ありき」の思考です。
それは施術にも表れていて、研修中に指導いただける時も、びっくりするくらいソフトなタッチなんです。それはもう「芸術的」と思えるほどに。
それだけで、口で何を言おうとも、その人がどういう人かが解ります。
整体師って、嘘つけないんです。手に出てしまうから。
サロン選びがわからない人は、一度受けてみれば、そのサロンの施術者がどんな人なのかが判ると思います。
そんな星野先生の投石は、
施術者として、どうあるべきなのか
ゲストさんに対してどのようにあるべきなのか
整体というものは、そもそもどういうものか
職人として自営業者としての覚悟
そんなことを投げかけていただきました。
御前崎という陸の孤島で、こんなスパーリングが行われているのは、どうやら珍しいようです。
私は整体界に入ったのがここからでしたからピンとこなかったのですが、外(世間さま)の先生方から見ると、滅多にない特別な空間みたいです。それを「陸の孤島でオリンピック」と名付けてくれました。
感の悪い私は、その価値を、入門してから2、3年そこらでは、なかなか認識できませんでした。
続けてて良かった、、、と今更ながら思います。
ということで、やっと午前中のDojo編は終了。
長くなったので、午後の部の講師 style矯正のイケメン「Hiro Hattori」先生については、次回に。

からだ工房MINOAKA
完全予約制
予約専用アドレス
kiirochann2010@softbank.ne.jp

からだ工房MINOAKA
三重県津市海岸町
受付時間:10:00~19:30
http://minoaka.main.jp
完全予約制・ご予約はこちら↓


Line@はじめました
よかったら追加してください  


Lineをされてない方はお電話ください
電話番号:080-4300-5157

井戸端会議の落とし穴

お昼ご飯を2時前に食べたのに、夕方6時には、もうお腹がすいてきたという、困ったちゃんの南です。m(_ _ )m
先ほど「呼吸筋」の事を調べ直してましたら、、、私の脳裏に、まあ、出てくる出てくる。。。
うちの患者さん達のお顔、お顔。
共通項は「呼吸の浅すぎる方々」です。。。
この方々の多くは
「常に物事に追われてる」
「自分に厳しい」
「小さな事だと解っていても、気になる」
「すぐに答え(結果)を求める」
「優しすぎる」
「自分より家族優先」
「プラベートより仕事が最優先」
「目標設定型」
「理想が高い」
「過去に縛られてる」
「眠れない」
「だるい」
そして。。。
「めっちゃ喋る」&「緊張感無さ過ぎ」(笑)
・・・と、まあ、挙げればキリがないですが、、、
こういう人達が悪いと言ってるわけじゃないんです。
こんな人は沢山居ますしね。
誰しも一つくらいは当てはまるはずです。
その中でも、
「めっちゃ喋る」方々。(´0ノ`*)
喋るというのは、デトックスの一部です。
基本的には喋らないよりも喋った方が、断然健康的な精神でいられるでしょう。
なので、井戸端会議は大賛成です。
ただ、困ったことに、喋ることに忙しいと深い呼吸はできません。
喋ってるということは当然、口から空気を吸い込んでることになります。
口からの方が鼻からよりも楽に空気を吸えますから、当然口が開いてれば口呼吸するのは当然です。
では、これを読んでる方、その場で口から空気を吸い込んでみてください。
その後、口を閉じて、鼻から空気を吸い込んでみてください。
どうですか?
違いはありますか?
口から吸い込んだ時は、胸が膨らみ、肩が上がりませんか?
空気は胸の辺りだけにしか入ってこない感覚になるはずです。
この状態が続くと、とても疲れやすい体になっていきます。
鼻から吸い込んだ時は、頭が後ろに下がり、お腹が広がり、背中が反ります。
背中からお腹へ空気が循環するような感覚になるはずです。
これを続けると、体の柔らかさを生み出す元となります。
鼻から吸い込んだ時の方が楽になったような気がしませんか?
「???」な人は、慣れてくれば感じれるようになってきます。
人は疲れれば、猫背になり、口が開いてきます。
背中が重だるく、反るのがしんどくなり、丸まって寝るようになります。
なので、病気の時は仕方ないですが、
ちょっと疲れたな〜と思ったら、
口から一旦吐いて、鼻から空気を吸ってみてください。
この順番は守ってくださいね。一旦、口から吐いてから、です。


あ、「緊張感無さ過ぎ」な人も、口開いてますよね(笑)。
喋ってない時は、お口を閉じましょう。
マスクの中のお口も閉じましょうね。( ̄▽+ ̄*)
菌を鼻で防ぐので、風邪防止にもなりまする。
あら、今日は長くなってしまった。。。
では、この辺で失礼をば。
からだ工房MINOAKA
完全予約制
予約専用アドレス
kiirochann2010@softbank.ne.jp

からだ工房MINOAKA
三重県津市海岸町
受付時間:10:00~19:30
http://minoaka.main.jp
完全予約制・ご予約はこちら↓


Line@はじめました
よかったら追加してください  


Lineをされてない方はお電話ください
電話番号:080-4300-5157

フラセラピー

はい、今回は「フラセラピー」のくくりです。ヾ(@^(∞)^@)ノ
私が習ってるフラは「フラセラピー」と言います。
「フラダンス」じゃないの?って言われるけど、微妙に違います。
元体育教師だった先生は独自の理論で「健康」と「癒し」と「フラ」を融合させております。
↓詳しくはここをクリック。
「フラセラピー」
ちょっとやってみたいなって人は、上記H.Pの「掲示板」へ先生までメッセージを。
無料体験有りのクラスもあります。
ちなみに、、、今年の5月29日〜31日まで、名古屋オアシスにて毎年恒例の「Hawaiian Festa」が開催されます。
今年は29日の2時〜3時くらいに出場させて頂くのが、最近決定しました。
もちろん、全員で一つの舞台を作るのがフラの醍醐味。
あたし、、、その大きな舞台にて、センターグループで踊れるかもしれません( ´艸`)
実力ではなく、体格で選ばれました(^_^;)
まだ変更はあるかもしれないのだけど、もちろんセンターでなくても、がんばりまする。( ̄▽+ ̄*)
こんな舞台です↓

この写真には写ってないけど、舞台前の客数は、どえらい数です。(^o^;)
ハワイアンSHOPもたくさんあるから、舞台だけじゃなくお楽しみがいっぱい!お祭りですね。
一緒に踊るメンバーがもっと増えると嬉しいなぁ・・・(≡^∇^≡)

からだ工房MINOAKA
三重県津市海岸町
受付時間:10:00~19:30
http://minoaka.main.jp
完全予約制・ご予約はこちら↓


Line@はじめました
よかったら追加してください  


Lineをされてない方はお電話ください
電話番号:080-4300-5157