遠くにある「得」

こんにちは!

いきなりですが、本を製作する人にお願いしたい。

 

「もっと、字を大きくしてくださ〜〜〜い!!!」

 

と、心から願うお年頃な南です(泣)。

ズバズバ読みたいと思っても目が。。。。切ないす。

そんな要望、いっぱいあるはず!

なら電子書籍にすればいいのに、という声も聞こえなくもないですけど、やっぱ昭和人なので紙がええんす。

と、またもや全然関係ないんですが、、、

 

この前ね、その場所に「行っただけで◯◯が貰える」みたいなサービスを実施してる企業さんがありました。

「それって、何か勧められるんでしょ?」ってまあ、普通は構えますよね。

でも、そのサービスは利用したからって何も勧められません。

なので、大盛況でした。

皆が、ただ、「貰うことを目的としてる」だけの為に押し寄せてました。

企業としては、お互いに契約で損はしてないでしょうし、一般に認知される、顧客の開拓が目的。

スタッフ目線的には、売り上げがグンと上がるならば、それなりに達成感はあるんでしょうけど、この場合は0円ですから、もう、しんどいだけです。

 

そんなことを考えると、やっぱ、これ(このサービス)は使えないな。。。と。

なんだかね、余りにも、目の前の「得」に短絡的に飛びつき過ぎてる感が強くて。

余りに、みんなが「操られてる感」が凄くて。

目の前の人参状態です。

 

いや、使うのがダメってことではないし、人それぞれなんですけど、「これは使っちゃダメ!」と私の魂が(笑)私に囁いてました。

 

というのを踏まえて、、、

 

「疲れた時だけ、痛い時だけ、楽になりたい」という目の前の「得」を追っかけた方々に、「遠くにある得」に気付いて頂けるようにするのが、おそらく私の役目なんだろうなと思ってます。

 

なんだか、繋がりが解りにくかったですよね、申し訳ない。