犬派?猫派?

最初に書いておきますが、

この投稿内容には、若干、私の好みと思い込みが反映されております。

 

 

貴方は、人に質問を受けた中で、「犬派?猫派?」と1回は言われたことがあるんじゃないですかね?

これを言うと身の蓋もないのですが、私たちは人間という動物なのだから、そんなことは、どーでもいいことなんですけどね。

でもあえて書くと、

 

一般的に、犬は「従順」「元気」「ご機嫌伺い」「感情的」「飼い主命」「男性的」なイメージ。

猫は「超マイペース」「甘え上手」「狩りには貪欲」「身体能力高い」「自分命」「女性的」なイメージ。

あ、うちの子は違うとか、それは偏ってるとか、そんな意見は受け付けてません(笑)。

あくまでも、私の勝手なイメージです。

 

 

では、どちらを飼いたいか?

私は、最近はどちらでもいいような気がしてますが、ちょっと前までは圧倒的に犬を飼いたかったですね。

おそらく、支配欲とかもあるんでしょうね、私の中で。同士と一緒に居るような気になりますし、居てくれるだけで安心感半端ないです。

今では、お世話の大変さもあってか、猫を飼いたい人の方が多そうです。家猫飼いも多くなってきましたしね。

あのツンデレは、Mっ気のある人には堪らんですよね。

 

 

では、どちらに生まれ変わりたいか?と聞かれると・・・どうでしょう?

どちらもいいと言ってる人も、あえてどっち?って聞かれたら?

私は、、、猫ですね。そう、勝手なものです。

自分は支配欲があるくせに、支配されたくないんですよね。

自営業を営むようになってから、さらにその傾向が加速したのかもしれません。

あと、どう見ても体のフォルムや動きは猫が綺麗ですね。もう、あれは才能です。

 

 

では、どちらの体になりたいですか?

犬は犬種にもよりますが、しっかりした骨格で、チカラもあって、「タフな筋肉」を持っています。

猫は、しなやかで、柔軟で、「対応力のある筋肉」を持ってます。

犬が男性的、猫が女性的といわれるのは、単に性格の問題ではなく、体の成りからきてるとも言えます。

 

 

最近は、ジェンダーレス化が進んできてしまって、しなやか男子やムキムキ女子も居るには居るようですが、そうは言っても、この数年で劇的に垣根を越えられるはずもないので、本来の「男性の体」「女性の体」は、そんな簡単にジェンダーレス化しません。

それだけに、ホルモン操作をして体を作り替えてるオネエの方々は凄いなーと、茶化してるのではなく、心からそう思います。

体という視点から見ると、職業的な向き不向きは必ずありますので、例えば、女性がガテン系のお仕事するのは、個人的には、おススメしてません。私と関わりのある人にそれを相談されたら、キッパリと反対します!

もう1回言いますが、反対です!!

ただし、それらの問題を軽々乗り越える程の情熱と事情があれば、逆に鬱陶しいくらい(笑)応援します。

 

話が逸れかけたので戻しますが、、、

困ったことに、猫にようにしなやかな体を持っていてほしい女性の方々の中には、ストレス・過度の労働・運動不足などの影響で、ガッチガチの女性が増えてきています。

女性は男性よりも、大きな波の中で生きています。

初潮から始まり、時には苦痛も伴いながら成長し、妊娠・出産を経て、自分では操作できない障害にも見舞われながら閉経になり、第2の体へ移行していきます。

そんな大きな波を、骨盤の開閉という日々の小さな波を飲み込みながら乗り越えていきます。

ガチガチの体では男性に負けまいと奮闘はできても、自分自身の女性性を封じ込めたままでは、体そのものが耐え切れなくなって、先に壊れてしまいます。

女性には女性の頑張り方があるんじゃないかと、思えてなりません。

家庭や職場でのストレスや環境は、私がどれだけのヒーラーでも変えて差し上げることはできませんが(笑)、体のことや、体の回復に伴う心の回復には、一役も二役三役も四役も。。。おそらく五役くらいまでは、かえます!!

 

そんな心意気で本日も奮闘しております。

 

からだ工房MINOAKA

完全予約制

予約専用アドレス

kiirochann2010@softbank.ne.jp

解っちゃいるけど、、、って人へ

どーも!この暑さに、髪の毛を切れない南です。

暑いから切るんじゃないの?と言われそうですが、もうね、全部の髪をひっつめ(団子時代もありましたしね)の生活を何年もしてると、中途半端に切って少しでも顔に髪の毛が掛かるのが嫌なんですよねぇ。

あとね、

もしお顔がデカイと気にされてる方(特に女子)が居るならば、頭蓋骨の形にもよりますけど、大体の人は、お顔を髪の毛で隠さないほうが、、、、お顔が少し小さめに見えますよね。100歩譲って本当にお顔の造形が本当に大きめであったとしても、思い切っておでこも出してしまったほうが、その大きさは案外気付かれないことが多いです。下手に隠してしまうと、人の視覚って見えてる部分から見えてない部分を想像してしまうので、実際よりも大きく見られてしまうことも。ま、私、理美容師さんではないので、その辺りは専門家に相談すればいいんですけどもね。

 

すみません、前書きで熱くなってしまいました(笑)

 

5月ももう終わりですねー。

「ちょうどいい季節って、今年はあったっけ?短かったよねぇ」という会話を、、、毎年してる気がします。

そして容赦なくやってくる梅雨の季節。

あっつい夏真っ盛りよりも、その前の梅雨の方が嫌いって人、多いです。

ただ雨が降ってるだけならいいけど気温は高いですしね、風が吹けば窓も開けられないですしね。

 

「この時期、体調崩しやすいですしねー」という会話なんて、毎月してる気がします。(笑)

その原因は月によって違うんですけども。

5月は昼夜の気温差ですよね。昨夜もやっぱり寒かった。昼間は30度超えてたのに。

じゃあ6月は?

そう、もちろんお判りでしょう。「湿度」です。

湿度の高さはカラダに大きな影響をもたらします。

国の緯度経度の違いって、要は気温と湿度の違いですよね。それでその土地に対応しやすい人種が決まってくるんですから、湿度の変化というのは生命の根幹に影響するということ。

 

とは言っても、その時期だけ過ごしやすいところに逃避行するわけにもいきません。

ましてや、これは年1回か2回くらいの頻度で言ってますが、四季というのは常に次の季節の準備をすることで、巡っています。

梅雨の時期は「嫌な類の汗」をかきますよね。

そんな時期だからこそっ!「カラダを動かす汗」をかくことが大事なんです。

大量じゃなくていいです。

でも必ず「カラダを動かして」の汗をかきましょう。

それが夏バテ防止に効果テキメンです。

 

と、書くと「・・・解ってるけどさ。。。」って反応の人もいます。

ま、正直者ですよね。

そんな方々が、当院には多く来られます(笑)

からだ工房MINOAKA

完全予約制

予約専用アドレス

kiirochann2010@softbank.ne.jp

 

ビーチで筋トレ?

こんにちは!

今日27日(土曜日)は、名古屋のフラフェスに私が所属してるチームが出場するんですけど、、、あ!私は今年は出場しないんですけどもね、、、晴れたらいいね〜と思ってる人と、雨降ってぇ〜!と思ってる人とが居たんです。

てのは、この時期、お子様の運動会の季節でして、雨で延期になったら出られるという、、、なんとも微妙なメンバーも居るわけです。お母さんが趣味を続けるのって、ナカナカ大変です。

でも、先日、河芸マリーナにて発表会があって、その日は晴れてくれたんですよね。

発表会の後は、先生がビーチフラを企画してくださったので、その発表会にも出られなかった私は、その企画には何とか便乗できました。

ええ感じに見えるでしょ?

FBに投稿した時も、すごく皆さんからお褒めの言葉をいただいたんですけど、

これ、実は、足元がかなり四苦八苦してます。(夢を壊すようですがね)

砂地はステップを踏むにのは、どう考えても不向き(笑)

それでも皆んな、気持ちよくて楽しいもんだから、結局10曲以上は踊ってました。

集合写真を撮る頃には、もう足がクタクタです。

でも、足腰鍛えるにはもってこいの環境。

フラだけじゃなくても、ビーチでの筋トレはナカナカの修羅場と化しますよ、お試しあれ。

 

さて、今頃、メンバーの皆さんは名古屋オアシスの舞台に上がってる頃。

心の中で国旗を降ってオリンピック張りに応援してます。

・・・フラやのに国旗?ww。

来年は私も出れるといいな〜♪

 

からだ工房MINOAKA

完全予約制

予約専用アドレス

kiirochann2010@softbank.ne.jp