こんにちは!

 

春から夏への移り変わるこの時期が、割と好きな南です。

好きなんだけど、、、この時期、暑い→案外寒い→めっちゃ暑い→結構寒い→汗ばむ暑い、を繰り返すので、

何を着てイイのかわからなくなります。

昨夜は寒の戻りで、めっちゃ寒かったですね。

灯油も既に使い切ったのに寒いって困るねーと患者さんと話してたら、なんと!「家にあったから」と言って10Lポリで灯油を届けてくれました^^

今年で8周年を迎えたMINOAKAですが、灯油の差し入れを頂けたのは初めてです(笑)

ありがとうございます。皆さんに支えられて生きております(嬉)。

 

 

さて、

タイトルに書いた「そもそも何故整体が必要なのか?」ということ。

 

これは、正直なところ、

痛みに困ったことがない人は、わからなくて当たり前です。

困ったことがあっても、薬を飲んで痛みが引き「もう大丈夫!」って思った人も、おそらく理解しにくいと思います。

 

しかし、痛みが出てきたり、薬が効きにくくなってきたりすると

「あれ?なにか(若い頃と)違う!」と気づきます。

ですが、病院にいくと「どこにも異常は無いですよ」と言われる。

 

その痛み?不調?は、結局自分にしか解らない。理解して貰えない。解決策が解らない。

そんなことが、いつの間にか、出てきます。

 

 

そんな時に、誰に解決策を求めますか?

家族に聞きますか?

友人に聞きますか?

 

 

先ずはお医者さんに行くのもいい。

運動不足が原因と解っているなら、ジムやトレーナーのところに行けばいい。

食事が原因だと解っているなら、身体に良いレシピを調べて、作ればいい。

 

 

でも、その取り組みを繋ぐものは?

優先順位をどうすればいい?

どうすれば効率良く出来る?

 

 

整体師というのは

骨格・筋肉・筋膜・靭帯・自律神経、運動・食事・心理・・その方にとって、何が必要で、何が要らないのか、日々考えながらお仕事をしています。

 

それは、家族でも友人でも言えない、沢山のお身体に直接触れてきた者でないと弾き出せない答えを出すことが、整体師の役割だと認識しています。

 

 

クソマジメな内容になってしまいましたが >< 、大切なことなので、お許しを。^^

 

 

リア充な人が増えるこの季節、

そうでない人にとっては少々、身体にも心にも焦りが出てくるかもしれませんが、

「したいことを思いついた時に直ぐ出来る身体へ」していけば、初めの一歩は出しやすくなるでしょうね。

からだ工房MINOAKA
三重県津市海岸町
受付時間:10:00~19:30
http://minoaka.main.jp
完全予約制・ご予約はこちら↓


Line@はじめました
よかったら追加してください  


Lineをされてない方はお電話ください
電話番号:080-4300-5157