それは本当にホントなの?

シトシトシトシト、、、ザザザ、ザーーーーーーな日ですね。
かなりの雨量です。

警報も出てますが、皆様、大丈夫ですか?
山や河川近くの地区の方々は避難されてるんでしょうか?
外は車の警告音が鳴り響いてます。

避難しなくてもいい方々で、普段遊びたくってる人も、今日はおウチで大人しくされてるでしょうね

私も、夜のご予約がキャンセルになりまして、今、これを書いております。

とはいえ、明日は台風一過な日になりそうなので、青空が楽しみですね。
しばらくは晴れるそうなので、しっかり洗濯物干せますよ。お母さん方も安心。

水道が通ってない家は(稀に山中とかにあるみたい)、雨水をろ過して飲み水にしてるようです。

私の実家は昔、オール井戸水で賄ってまして、
水道の水を初めて日常生活で使ったのは、確か、小学の高学年頃。
夏は冷たく、西瓜やトマトを冷やすと、これ以上の美味しさはないであろう冷たさになり、
冬は温かめで、水道水のように凍るような冷たさではありません。

その頃が懐かしいねぇと、今日お見えになってたお客様と話してました。

初めて冬の朝に水道水を触った時の衝撃ったら。。。冷たすぎて暫く手が動きませんでしたね。
なので、それから随分長い期間、水道水は嫌いでした。
今は嫌いではないけど、やはり、沸騰させないと飲む気にはなれないです。

でも、今でもふと、思うんですが、、、、

本当に水道水に切り替える必要があったんだろうか、、、と疑問に思うわけです。
いずれ切り替える必要があったにせよ、その時期に、その必要が本当にあったんだろうか。

随分昔のことなので、親もあんまり覚えてないそうなんですが、
「水質に問題が。。。」てのが、切り替えの理由だったと思います。

でもね、その時期、じゃあ、本当に水質調査したのか?
したとしても、本当に問題のある質だったのかは、
今となってはわかりません。
ウチの両親は、純粋な農家さんなので、「こうです」と言われたら、ちゃんとした検査表を見せられなくても、多分信じる人達。
それがたとえ噂話でも、信じるかもです。

本当はもうちょっとくらい、井戸水でいけたんじゃないか、と少しモヤモヤしてしまいました。

噂話や、全体の流れのようなものに巻かれてることって、他にもあるんじゃないかな。
それこそ、健康についての噂話、流行りは、山ほどあります。

案外、「当たり前」だと信じ込んでることって、
当たり前なんじゃなくて、
そう思うように誘導されてるのかも、です。

人のカラダって、昔と今とで、そんなに変わらないです。
(8頭身が多くなったりとかはあるけど)
でも、今まで、色んな流行があって、色んな健康被害も出たり、色んなものが爆発的に売れたり、、、、踊らされてきてますよね。

「これは本物!」と感覚で捉えられるようなカラダ、感覚にしていきたいものですね。

明日はカラッと秋晴れになりますように〜♪

からだ工房MINOAKA
完全予約制
http://minoaka.main.jp

Line@はじめました よかったら追加してください  

解放

おはようございます!

台風に備えた準備は大丈夫ですか?

明日は色んなイベントが中止になってる三重県でございますね。

当院に来られる予定の方々も、ちゃんと来られるのかしら?と、ちょっとだけ心配してるミナミです。

うちに来られる方々は、そんな柔ではございません!、、、

と言いたいところですが、無理はしないでいただきたい。

今年は本当に雨が多くて、台風もそうですけど、低気圧な日が兎に角多い。

困るんですよねぇ。

頭痛はもちろん、だるさ、肩こり、腰痛、腹痛、胃のもたれ、、、色々症状が出やすいです。
あ、でも胃のもたれは、私、なったことないですけども(笑)。

特に困るのは頭痛。

脳に近くなればなるほど、痛みはどんどん辛くなります。

そして頭痛は、首や肩、背中までどんどん影響していきます。

「あー、もう頭を別の頭と入れ替えたい!」って思ったことないですか?

姿勢の悪さからくる頭痛や、他の部分の痛みなら「こうしましょうね」とアドバイスもしますが、

それ以外の頭痛で来られた方には、あまり細かいことは言わないようにしています。

なぜなら、、、、

そんな時は、ごちゃごちゃ言われたくないでしょ?

なんせ、頭の中が「ツライ」でいっぱいなんですから、当たり前ですよね。

「ツライ」という呪縛から、カラダを解放してあげましょう、、、ね!

では、どの地域の方々も、天災被害など出ませんように。。。

からだ工房MINOAKA
完全予約制
http://minoaka.main.jp

Line@はじめました よかったら追加してください  

理容師さんの集中力

こんばんわ〜
湿っとした天気が続きますね。
今日のブログは湿っとした始まりですが、気を重くさせるような内容ではないですからご安心を。

「必要とされる」というのは、嬉しさと責任が同居しますね。
それは、簡単に表すと「喜び」でもあります。
数年前はピンと来ませんでしたが、今は、それが解るようになってきました。

まだ整体師として駆け出しのころ、
自分でチラシを作り、
灼熱太陽の下でポスティングをし、
新聞集配所に折り込み広告を持ち込みし、
(まだ其の頃はSNSなんぞ無かったので)ブログで告知し、
いろんなお店に飛び込み、
告知チラシを置いてもらい
、、、あらゆる方法で宣伝した健康講座は、毎回、参加者2名、、、1名、、、0名の日も。

場所代を払って、それがお食事処ならば、そこでお礼代わりに食事をし、、、、もう、赤字赤字の連続でした。
そんなこともあって、ここ数年は講座についてはお休みしておりました。

そんな私でしたが、昨年から理容組合さまとのご縁があり、
松阪支部様で講座をさせて頂いたのを皮切りに、同年秋、一志支部様でも講師をさせて頂きました。
久々の健康講座で、以前よりも長丁場。
今まで多くても10人程度の参加者さんばっかりだったのに、
いきなり40人前後の方々に集中して頂くにはどうすればいいか、、、もうドキドキでした。
結果、終了時間を間違え、会場を借りている時間がオーバー仕掛けたりと、失敗もしました。

ありがたいことに昨年の一志支部さまでは、講座時間が終わると同時に
「来年もお願いします!」と皆さんの前で支部長さんと教育部長さんから即オファー頂きました。

そんなわけで、昨日(10月16日)は、
三重県理容組合一志支部様からのご依頼で、昨年に続き、健康講座をさせていただきました。

ご依頼としては
「できれば、理容師を長く続ける為に何をすればいいのかを話して欲しい」とのこと。

色々考えて作った内容は、前日になって大幅な修正を入れます。
これ、割と講座をする人にとってはアルアルみたい。

理容師さんが現役を長く続ける為に。私が選んだ題材は、「腰」と「呼吸」。

理容師さんて、本当になが〜くされてる方々が多いので、
私のような若輩者の話なんて、どこまで聞いていただけるのだろう?と思いながら始めると、、、、

本当に皆さん、熱心に集中してくれてました。

健康のことって、年代的にも興味持ってもらいやすいのは解ってましたが、
こんなに集中していただける団体さまは、なかなかないのではないかと思います。
会社員の方々なら、静かに話を聞くってのは当たり前かもしれないけれど、
皆さん、自営業者。しかも長年、誰の指示も受けずに自分で何もかも決めてやってきた方々ですから、
まあまあのザワつきは覚悟してたんですけどね。
皆さんの前向きな取り組みに感謝です。

講座というのは、
準備から終わったの反省まで、本当に色んな気づきをいただけます。
別に良い事言いたいわけじゃなくて、
本当に、自分に「残る」ものが大きい。

今回の内容を、次の講座までに、更に充実した内容に仕上げていこうと思います。
講座を受けて頂いた一志の皆さま、わざわざお休みを潰して駆けつけていただいた松阪支部様、
完璧な段取りをして頂いて、色々気配り頂いた教育部長様、2年連続のオファーをしてくださった支部長様、
ありがとうございました!

では、次に向けて、がんばるぞオ〜〜〜

からだ工房MINOAKA
完全予約制
http://minoaka.main.jp

Line@はじめました よかったら追加してください