付け焼き刃は本当に、、、脆い。

当たり前のことなんですが、何にしても付け焼き刃って、脆い(もろい)ですよね。

 

フラの仲間がグループホームの施設長さんなので、年1回、フラでボランティアに行かせていただいてます。

今年もその日がやってきましてね。

img_1257

舞台のように胃がギューンと掴まれるような緊張感は無いものの、なんせ、今回は、、、覚えてない!フリ付けが全然、頭にも体にも入ってない!

教えてもらってない訳じゃないんですよね。

レッスンの時は鏡越しに先生のお手本を見ながら、みんなのフリを横目で見ながら、、、油断してました。。。

去年まではフラの舞台が春2回、発表会も含めれば秋2回、ありました。

でも今年の秋の舞台参加は発表会だけになっており(他のメンバーはもっと出てるんですけどね)、緊張感なんて、もうすっかりどこへやら。。。特に今年はいつにも増して仕事脳になっている私の海馬さんは、フリ付けがナカナカ記憶出来なくて、、、そんな中でのボランティア。

いやぁ〜久々に焦りました。

ボランティアとはいえ、ちゃんと気持ちを込めて踊れないと、利用者のおじいちゃん・おばあちゃんに、とても失礼。

が、今の私は気持ちを込めるどころか、まともに覚えてない。

なので、仕事の合間をぬって、珍しく結構練習したんですけどね。。。もう、本番は間違いだらけでしたよ。

大体は覚えていても細かい部分が出てこなかったり、一番自信のない曲なんてフリを追うのに手いっぱいだから笑顔をキープしたり感情を考えてる余裕はなく。。。おじいちゃん、おばあちゃん、職員の方々に、申し訳なかったなー。もちろん見てる方々は、そんなこと感じてないだろうけど。

 

フラに限らず、舞踊ってね、

舞台はあっという間だし、レッスン時間もたいした時間じゃないのでそんなに疲れないんですけど、自分一人での練習は足がパンパンになってもやり続けるのでシンドイんですよ。見た目にはあんまり判らないですけどね。(その事実も悲しい。。笑)

でも、付け焼き刃なんですよね。

やはり、毎日、、、ま、毎日とは言わずとも、コツコツが絶対勝ちますよね。当たり前だけど。

 

そう思うと、体の管理もコツコツが勝ちます。

「痛い時だけ来院するタイプ」の方々と「定期的に自分の体をメンテナンスするタイプ」の方々では、半年後、1年後、それ以降の状態は全く違います。「大病になりやすい体から、なりにくい体へ」近づけていくには「予防」って必要。

こじつけに聞こえるだろうけど、どんなことも、付け焼き刃じゃ結果は出ないんですよね。もろいんです、とても。

 

 

フラの前に、利用者さん全員参加の「玉入れ競争」とか、2競技ほど見させていただきました。

利用者さんの楽しそうな笑顔、声をあげて笑いあう姿、本当に心が和みました。

その中には車椅子の方々もたくさんいらっしゃいます。

もちろん、その方々が、今までの人生を付け焼き刃できたわけではないでしょう。

でも、年代的に、自分の体のことに、かまけてこられた年代ではないですよね。

今は、健康に関する情報が溢れています。正しいのも間違ってるのもありますが、個人の認識次第で「予防」しやすい時代にもなっているはずです。

利用者のおじいちゃん・おばあちゃんが自分の足で歩くことが出来たら、もっと体もポカポカになって、汗もかいて、、、、その後にお風呂に入れたら、今よりもっと気持ちいいだろうし、今よりもっと熟睡出来て、、、、そんな日常を送れるといいのに、と思ってしまったボランティアの日でした。

 

からだ工房MINOAKA

完全予約制

予約専用アドレス

kiirochann2010@softbank.ne.jp

キメは普段が大事。

は〜、5月が終わります〜
毎年のことなんですが、5月って、もう、バタバタバタバタ・・・。
特に今年は、お祭りや、フライベント、その合同練習なんかが重なって、「えっ?」って言ってる間に(笑)終わってしまいます。
もう、ええ加減慣れてもおかしくないんですが、毎年イレギュラーなことが次から次へと起こります。それもまた、オモロイといえばオモロイんですけどね。
そのフラの舞台。

今年は河芸のイベントと、名古屋オアシスの舞台が終わったので、ホッと胸をなで下ろしております。
自分が踊る時間なんて、河芸はほんの30分弱。名古屋に至っては5分くらいで終わってしまいます。が、スタンバイの長いこと長いこと。。。(笑)
舞台なんてそんなものです。
スポーツマンなんて膨大な時間を練習に費やして、勝負はたったの数分てことも多いですよね。
ま、アスリートと横並びに比べるつもりはないですが、舞台も、普段の練習をどれだけやってるか、どれだけイメトレしてるかが、如実に出ます。
今回は、直前にちょい怪我をしてしまったので万全ではない状態ではありましたが、イメトレは万全!ってな具合で無事踊り切れました。
ですが、例えば、手の小さな動きや視線の方向など、ちょっと気を付ければできるようなことが、本番ではできない。もちろん、緊張してるかしてないかとか、舞台慣れしてるかどうかもあるんですが、できない一番の要因は、、、「普段からしてない」ってこと。
当たり前のことですよね。
この当たり前が、なかなか出来ない。
レッスンの時から目線に気をつけていないと、本番では出来ないんですよね。
でも直前練習で先生に指摘されると「よし、わかった!」って解った気になっちゃうんです。
「うんうん、この時の目線はあっちね」って。
でも、レッスンの時に鏡ばっか見てるもんだから、本番には前ばっか見てしまう。
普段やってないことは、ココって時に出来ない。
これって、何にでも当てはまることですね。
からだ工房MINOAKA
完全予約制
予約専用アドレス
kiirochann2010@softbank.ne.jp

フラセラピー

はい、今回は「フラセラピー」のくくりです。ヾ(@^(∞)^@)ノ
私が習ってるフラは「フラセラピー」と言います。
「フラダンス」じゃないの?って言われるけど、微妙に違います。
元体育教師だった先生は独自の理論で「健康」と「癒し」と「フラ」を融合させております。
↓詳しくはここをクリック。
「フラセラピー」
ちょっとやってみたいなって人は、上記H.Pの「掲示板」へ先生までメッセージを。
無料体験有りのクラスもあります。
ちなみに、、、今年の5月29日〜31日まで、名古屋オアシスにて毎年恒例の「Hawaiian Festa」が開催されます。
今年は29日の2時〜3時くらいに出場させて頂くのが、最近決定しました。
もちろん、全員で一つの舞台を作るのがフラの醍醐味。
あたし、、、その大きな舞台にて、センターグループで踊れるかもしれません( ´艸`)
実力ではなく、体格で選ばれました(^_^;)
まだ変更はあるかもしれないのだけど、もちろんセンターでなくても、がんばりまする。( ̄▽+ ̄*)
こんな舞台です↓

この写真には写ってないけど、舞台前の客数は、どえらい数です。(^o^;)
ハワイアンSHOPもたくさんあるから、舞台だけじゃなくお楽しみがいっぱい!お祭りですね。
一緒に踊るメンバーがもっと増えると嬉しいなぁ・・・(≡^∇^≡)