「骨盤矯正のホント」講座

こんにちは!

暑い夏が今頃帰ってきましたね。

今日も夕方一瞬だけ、私が居た地域は豪雨に見舞われました。

段々と、こういう天気が多くなってきたなぁ〜。

たまにはいいけどね。ザーッと降るのも気持ちいい。

 

8月度は健康講座が3回ありまして、今回はその2回目。

前回と同じ松阪の「街ゼミ」という企画で、「東村呉服店〜うつくしや〜」さんから依頼を受けましての講座でした。

1回目は「呼吸について」

今回の2回目は「骨盤矯正のホント」

これらは、前々から直接お話したかったことなんです。

ブログやホームページやインスタや、、、ネットもいいけど、やっぱり直接の方がいい。

私の「熱」が伝わるから。

今日の参加者さんのご感想です。

 

53歳女性

骨盤の不調は体全体に影響を及ぼす理由をわかりやすく聞かせて頂き、また、簡単に自分の体の状態がわかるエクササイズや、ちょっぴり鍛える方法をご伝授頂き、良い時間を過ごしました。ありがとうございました。

 

58歳女性

骨盤矯正について何も知識が無かったので、とても為になりました。

普段短い時間で簡単にできる体操なので、無理をせずに続けていこうと思います。

 

64歳女性

骨盤矯正だけではなく、筋力も大事と理解出来た。

自分でも整える方法が学べて良かった。

正しい位置を意識するだけでも良いと思った。

 

54歳女性

家で出来そうな体操なので続けられればと思う。

 

62歳女性

わかりやすいお話と、簡単な体操を教えていただいて、とても為になりました。

毎日続けてみたいと思います。

 

62歳女性

とても良かったです。

体操、今日からします。(少し間違ってしてました)

 

みなさん、ありがとうございました。

少人数での講座なので、お一人お一人にお答えしやすく、楽しかったです。

この中には、私が7年前にストレッチ講座を開催した時に来て頂いた方も居て、

「この7年間、その時に伝授したストレッチを今も続けているんです」

と、私がジーンと感動するお言葉もいただきました。

「継続は力なり」とよく言いますが、「継続は、時にご褒美をくれる」と思いましたです。

 

写真を撮ってくれたり、お水などのお気遣いをして頂いた「東村呉服店」の東村さん、ありがとうございました。

 

さて、8月度3回目の健康講座は、またもや松阪です。

今度は人数がグッと増えます。しかも、あまり動ける場所ではないので、9割は私のお喋り。

(今回の講座は6割お喋り:4割体操でしたのでね)

これはこれで、勉強になりますね。

そしてそれがまた、11月の講座につながっていきます。

熱高く、務めたいと思います。

ご縁をありがとうございます!!!

 

からだ工房MINOAKA

完全予約制

予約専用アドレス

kiirochann2010@softbank.ne.jp

暴食

こんにちは!

みなさん、お盆はいかがお過ごしになられたでしょうか?

中には20日まで休み!って人も居ますね。

私は、1日と半日、お休みをいただきまして、ちょっとだけ箍(たが)を緩め、結構な暴食をしてました。

さすがにアラフィフともなると暴飲は無い、、、というか出来ないですね。。。

「酔えたらええねん!」と言い放って呑んでた時代は、はるか彼方です。

「量は少なくても、いいお酒、上質なお酒と、それに合うお料理がいいなぁ〜。」とか言ってる自分が大人になったなーと思いつつ、、、、

このお盆期間に食した内容は、もの凄く上モノなのですが、ちょっと、、、もうちょっと?、、、あきらかに、、、、食べ過ぎでした。

 

食べ過ぎると、全身のエネルギーが胃の消化に集中してしまうので、カラダが勝手に機能低下して、眠くなりますね。

炭水化物(特に小麦粉)の摂取も格段に増えたので、カラダがダル重になります。私の場合は、背中が凄く痛くなったりも。

肉類もいつもより沢山食べると、オ◯ラが臭くなりますから、女子は特に気を付けましょう(笑)

 

里帰りした方なんかは「まあ、食え、食え」と、嬉しいおもてなしを受けた人もいるでしょう。

 

が、

 

今日からお仕事の方も多いです。

お休みモードを切り替えて、気を引き締めていきましょう。

私のように暴食した人は、しばらくは少し控えめに食べましょうね〜♪

 

ブログは時に、自分に対しての戒めとナリエマス。

 

気合い入れ直して張り切ってる整体師minami

からだ工房MINOAKA

完全予約制

予約専用アドレス

kiirochann2010@softbank.ne.jp

「気使い」と「気遣い」

どーも!

今日は山の日だったけど、実際、山の近くに行ったら、ちょっとした虫にも恐怖してた南です。

「そんな虫1匹で怖がってたら、ここで作業は出来やんで!」と言われたけど、もうどうしようもないのよ、この根性なし具合は。(笑)

 

さて、最近、思うことなんですが、

日本人て、他人との距離とかに敏感で、兎に角迷惑をかけないようにすることを教育されてきたと思います。

もちろん、それはとても大事なことだし、その精神があるから、相手の気持ちを考えて優しくなろうとする面もあるし、いいことは沢山あります。

が、

自分が「近い存在」だと思ってる人に

「貴方に迷惑かけられない」って言われたり、思われたりしてたら、どう思います?

なんだか、哀しくなりますよね?

変に「気使い」されてしまうのって、「え?まだそんな距離があるんや」と思いますよね?

 

「貴方には迷惑かけられてもいいし、かけてもいいと思ってる」の方が、妙に安心しないですか?ちょっと極論ですかね?

あ、もちろん、「近い存在」の人同士の話ですよ(笑)。

 

では、日常的些細なことで言うと、

「◯日って、空いてる?無理しなくて全然いいんやけど、美味しい店あるから、空いてたら行かへん?あ、でも、忙しいやろからホンマに無理はしやんといてね。行けないようなら他を当たるから気い使わんでいいからね」

ここまで言われたら、どう思います?

文字にするとクドク感じるけど、喋ってたら、これくらい言ってる人居ますよね。

言われた方は「別に私とじゃなくても良さそうやな」って感じませんか?

もちろん、「知り合い」程度の付き合いなら、これでもいいんですけど、「近い存在」の人には

「◯日って、空いてる?美味しい店あるんやけど、行こう!都合悪かったら別の日でもいいから一緒に行こ!」

って言われた方が、嬉しくないですか?

あ、密かに嫌いな人に言われたら辛いとこですけどね(笑)

それならそれで、ちゃんと断れば、相手にも「貴方が置きたい距離感」が、なんとなく伝わると思うし。

 

これって、なんてことないことなんですけど

「自分もだけど、相手も幸せにしてあげたい気持ちと気遣いの表れ」かなって思うのですよね。

この時の「一緒に」ってのは、とても大事でして

「相手だけ幸せにしてあげたい」ってのは、愛はあるけど単なる自己満。

相手からしたら「頼んでないでーーー」ってな感じでしょうしね。

実際、「この人と一緒に分かち合いたい」って思ったら、相手に迷惑だろうか?とか、考えないですよね。

 

ただ、困ったことに、「迷惑かな?」って考えてしまう人が、やっぱり多いのも事実だと思うんです。

 

それってね、「自分擁護」でもあるんです。

もし拒絶されたら嫌われたら嫌だから、傷つきたくないから、負担のない言葉を選んでしまう。気持ちを押し出す言葉じゃなくて、当たり障りのない言葉で伝えて、相手にその選択を委ねてしまう。(←ここ、厄介。選択肢を与えてるのではなく、委ねてる)

近い存在な人に、それは寂しいことですね。

先にも書いたように、その原因は根底に、教育だったり、環境だったりがあるでしょうね。

(だからって、なんでもかんでも思ったことを言えばいいというものではないけども)

私も何度か「あ〜、信用されてないんだなぁ〜」と受け止めたことがあります。

近いと思ってたのは自分だけだったのかと悲しい気持ちになりましたしね。

でもちゃんと向き合って話すと、そうではないことが、後に判りました。

その話し合いがなければ、未だに距離が空いたままだったでしょう。

 

相手にそんなことを思わさなくていいように、そして自分がその人の近い存在で居たいと思ったら、

もっと自分の気持ちを、あからさまに伝えていいと思いますね。老若男女関係なく。

 

「気使い」よりも「気遣い」を。

 

偉そうに書きましたが、実際私が「自分擁護」な人だったので、そう言ってしまう人、それを聞かされた人、双方の心情が解った上で、長文でつぶやきました(笑)。

次回はカラダのこと、ちゃんと書きたいと思ってます。

予定は未定ですがね〜♪

 

からだ工房MINOAKA

完全予約制

予約専用アドレス

kiirochann2010@softbank.ne.jp