糖分0の調味料

こんばんわー。

久々に実家に帰ると、

お菓子攻撃に遭い(母よ、ありがとう)、

米とほうれん草を頂き(父よ、ありがとう)、

・・・感謝です。

いつまでも落ち着かない娘です、ご両親様すんません。

 

そんな娘も、アラフィフ。

「娘」と自分で言うのも、もう恥ずかしいかぎりでしてね。(苦笑)

そうなると、口から入るものについても、考えるお年頃なわけです。

 

で、

「調味料を自分で作っちゃうぞ!」という講座があったんで行ってみました。

(正確には、そんな名前の講座ではありません)

 

講師は、ぴきにき代表の小野寺未希さん。

大台町で「ぴきにき」というベーグルショップをされてた人です。

今回の開催場所は松阪の「うつくしや」さん。

正確には「7つの調味料講座」です。(笑)

 

そう、未希さんが、7つの調味料を同時進行で作っていきます。

「菌活」のワークショップを開催されてる未希さん的には、元々普通に作ってたものらしいのですが、周りの人に「教えて〜!」と言われて、このワークショップも開催するようになったらしいです。

うん、理想的ですね。

 

で、今回作った調味料は、、、

・焼肉のタレになる酵素万能ダレ

・時短トマトケチャップ

・ウスターソース

・豆乳マヨネーズ

・ノンオイルゴマドレッシング

・豆乳マーガリン

・酒粕粉チーズ

の7種。

↑豆乳粉チーズ、作成途中

 

この7種、同時進行で作ると約1時間ほどで完成します。

動物性たんぱく質0、糖分0の調味料。

特に万能ダレは、その名の通り、焼肉だけじゃなく色んなものに応用できます。

しかも、全部美味しい!そして簡単!

冷蔵庫で保管すれば1ヶ月持ちます。

冷蔵庫の中もスッキリです。

 

 

未希さんが言った言葉が印象的でした。

「むやみに除菌・殺菌してませんか?菌は貴方にとって必要な菌を増やしてくれますよ」と。

そして、なぜ、調味料を自分で作ることが必要なのか、も話してくださいました。

 

 

未希さんが講師をする講座は他にもありますが、もうめちゃめちゃ人気。

なのに、4月に徳島へ引っ越しされるそうで、それまでに!と、毎日講座依頼が絶えないそうです。

 

えーーー!じゃ、もう受けれないじゃん!とガッカリすることなかれ。

引っ越しされるまでの間にもワークショップされますし(facebookで「ぴきにき」で検索してください)

未希さんは、大台町の「奥伊勢フォレストピア」で開催されてる「奥伊勢サンデーマーケット」を運営されてるので、徳島に引っ越しされても年3回くらいは三重に帰ってきます!と言ってくださってます。

その時を狙って、ワークショップ開催もあると思いますし、

引っ越し先の徳島でも、民泊をされるそうなので、思い切って行ってみるのもいいでしょう。

 

そんな感じで、カラダに優しい・脳に刺激な、講座でした。

やっぱね、、、食べることって、、、好きだなぁ〜(しみじみ)

健康って、外から、中から、どちらも大事ですね。

今回は「中から」

でも、この春は「外から」にも取り組みます。

それはまた、書ける時がきたら、書きますね。

 

からだ工房MINOAKA

完全予約制

予約専用アドレス

kiirochann2010@softbank.ne.jp

暮らしがチョットだけ豊かになる件

どうも、南です。

タイトルの「チョットだけ」という言い回しに悪意はありません。

関係者の方々は気を悪くしないでくださいませ。

興味無い人にとっては豊かも何もないでしょうし、ちょっとだけって感じが控えめでいいよね、って意味です。

 

先日、「ツァラストラはかく語りき」という、初めて聞いた人は必ず「えっ?」と聞き返してくる名前のカフェで、「美味しい珈琲、検討会」というイベントがありまして、当日に「行かへん?」と誘って頂き、行って来ました。

私の拙い知的レベルを、少しでも引き上げてくれるお話を聞けるのは、大好きです!

誘ってくれてありがとーーーー!

 

さて、その「美味しい珈琲検討会」ですが、

先ず最初に「美味しい珈琲とは何か?どんな珈琲が美味しいと思いますか?」という問いかけから始まり、

一つの浅煎り豆を、3パターンに分けて飲み比べさせていただきました。

お湯を注ぐ時の温度、量、速さ、

ドリッパーの種類などの違いで、どんな酸味・苦味・香りが抽出出来るのか、

珈琲の甘みとは何か、

珈琲豆の酸性化と人体口内の分泌変化など、、、もう、面白いことだらけでした。

 

小さいころ、珈琲の良さは全くわかりませんでした。

大人になるにつれて、インスタント珈琲は飲むようにはなりましたが、グラニュー糖とフレッシュは必ず入れてました。

30代になって、甘さが気になるようになり、ブラック派になりました。でも、インスタントだったので、不味かった。(笑)

私がちゃんと焙煎豆を買ってドリップで飲み始めたのは、40代になってから。

部屋中に珈琲の香りが立ち込めるのって、ええわぁ〜♪って。(笑)

なので、遅咲きです。。。

 

私は、基本、深煎りを好みますが、この日は浅煎りもいいなぁと思わせていただきました。

深煎り・浅煎りの好みの違いは、その時の体や精神の状態に影響があるようです。

当たり前といえば当たり前なんだけども。

 

友人のお店「オニヴァ珈琲」さんでは、私好みの配合「みのあかブレンド」がメニューにあります。

普段飲んでるのよりも、ちょっと軽くて渋い感じ。

コンセプトは「お昼間に何杯も飲める珈琲」ってやつです。

ま、好みですから。

 

嗜好品て、ほんと、面白い。

珈琲に限らず、暮らしをちょっと楽しくするアイテムに囲まれてるのって、心に潤いをくれますね。

 

からだ工房MINOAKA

完全予約制

予約専用アドレス

kiirochann2010@softbank.ne.jp

野草の世界

みなさん、こんにちは。

3月に入り、いろんなものが芽吹き始めますね。

 

学生さんは卒業したり、入学したり、

車の免許取り立ての若葉さんが増えますし、

お店が彼方此方でOPENしたり、

お祭りも準備にかかり始めますし、

露出狂の人も。。。。それは困るけど。

 

さてさて、そんな中、私の興味は、最近暴走気味でしてね。。。

先に言うと

野草マイスター 小釣陽代さんの「雑草を宝物に 1Day講座」に行ってきました。

 

そう、芽吹き!そのまんまです。

私が参加させていただいたのは、2月14日。

そう、バレンタインデーの日です。

いろんな場所で色んな人が艶めいているであろう日に、野草に艶めくって、、、

皆さん、私、ここまできましたよ!(笑)

 

小釣さんとは初対面ではなく、以前、松阪の理容室「ブルーム」さんの勉強会で講義をして頂いたことがあり、その時に初めて「野草マイスター」なるものを知ったわけです。

それから、数ヶ月の間、ずっと心の中にあり、気になって気になって仕方ない存在ではありました。

で、先ずは1Dayから参加してみたのですが、これが本当に、予想通り、、、予想以上にオモシロイ!

 

開催場所は大紀町の「むかしの暮らし博物館」

もちろん、持て余す程に自然には困らない場所です。

2月なんで野草量としては春真っ只中よりは少ないけど、それでもよくよく見れば、瑞々しい草たちがいっぱい。

この他にも色んな草を拝借し、ハーブウォーターに。

和草って、何種類も混ぜれば混ぜるほど、まろやかな味になるんですよねぇ。

いかにも日本的じゃないですか?

そんなところも、気に入ってしまった理由です。

 

むかしの人が当たり前にやってたこと、

むかしの人も今の人も、やってこなかったこと、

今の人に決定的に足らないこと、

ただ、其処に存在するもの、

ただ、存在するだけで享受出来るもの、

ただ、当たり前に受けてきた恩恵、

 

まだまだ知らないことだらけですが、目からウロコだらけでした。

 

私の実家は、無農薬ではない農家なので、親にとって草は邪魔者。

もちろん綺麗事で済ませられないことがとても多くあるのは解ってるけど、

それでも、子供の頃の遊びの記憶も大切なのです。

ど田舎で育った私は、だだっ広い、刈り終えた田んぼや用水路周りが遊び場でしたからね。

 

5月には、野草を取り入れた料理の講座を受ける予定です。

うまーく、今の生活に取り入れていければいいなぁと思います。

 

からだ工房MINOAKA

完全予約制

予約専用アドレス

kiirochann2010@softbank.ne.jp